DC572ADC-F93B-4187-A078-659954DD1F9A

Wine Bar ETSUBOの内野です。

数年前から「オレンジワイン」というのを聞く機会が多くなりました。

最初はまた新しい物が出たのかなと思いましたが、まったく逆で、とても歴史があり、色もきれいなものも多く、面白い味わいのワインなんですよね。

今回はそんなオレンジワインのことを調べてみました。





1.オレンジワインとは?

FE619643-13F4-491D-A557-89EF508D8DEE

簡単にいうと、白ぶどうを使って赤ワインの製法で作られた白ワインで,分類的には白ワインです。

見た目のオレンジもそうですが、どこかオレンジの皮のような香りがするものもあります。


赤、白、ロゼ、オレンジワインの超簡単な造り方の違いは以下の通りです。


赤ワイン黒ブドウを果汁といっしょに皮や種ごと発酵させる

白ワイン白ブドウの果汁だけで発酵させる

ロゼワイン黒ブドウを赤ワインの製法で好みの色・味わいのところで皮を引き上げるか、皮ごと絞ってほのかに色づいた状態で発酵させる

オレンジワイン白ブドウの果汁と皮や種ごと発酵させる

もともと白ワインには「スキンコンタクト」という数時間~数日間だけ皮や種を漬け込む製法があります。

オレンジワインもスキンコンタクトに変わりありませんが短期間ではなく数週間、長期的に漬け込み、そのあと圧搾して果汁だけを発酵させてつくるところが少しだけ違います。

それによって皮や種から色味や渋味などさまざまな成分が抽出され、ワインに複雑な味わいを持たせることができるんですね。




2.オレンジワインの歴史


0896E981-A6C4-44A4-B02F-B2D25BCAE71A

今から約30年前、ワイン史研究家がコーカサス地方のグルジア(現在のジョージア)がワイン発祥の地だと発表しました。

ロシアやトルコに挟まれたワイン発祥の地、ジョージア(旧グルジア)

そこでクヴェヴリという甕(かめ)に収穫したブドウを入れていて、潰れたブドウが自然に発酵したのが始まりと言われています。

白いブドウを容器に入れて自然に長い期間スキンコンタクトされてできたワインはたぶん世界初のオレンジワインだったんじゃないでしょうか。

オレンジワインはここ数年でよく目にするようになってきたので新しい製法なのかとおもいきや、とても歴史あるワインだったんですね。




数年前からよくオレンジワインの話を聞くようになり、そこから数年経つと、昔ながらのアンフォラという甕(かめ)でワインを造る生産者の話しを聞くようになりました。

どうしてわざわざ手間暇かかる造り方をするんだろうと思っていたんですよね。


ぼくは飲食業界に料理人として入ったので、物を作る楽しさが少しはわかっているつもりです。

料理を作っていくと、その物の原点を知りたくなったり、いろいろなものを手作りしていきたくなるんですよ。

ETSUOでもパンや豚のソーセージから始まって鶏、ラムのソーセージ、からすみに魚介の一夜干し

ハムやベーコンなど燻製ものから調味料、最近では鎌倉野菜を使った中濃ソースを作っています。

「物を造る」という意味では料理人もワイン生産者も同じだと考えると、生産者の方が原点に返って昔ながらの製法でワインを造ってみたくなるのもすごくよくわかるんですよね。

なので、今の製法でオレンジワインを造っていた方が、こんどは昔ながらの製法で造ってみようという流れになったのも妙に納得できます。




ちなみに調べていくと「アンフォラ」、「クヴェヴリ」と2つの容器の名前が出てきます。

ソムリエの勉強をしていたときに学んだのは「アンフォラ」でした。

共に昔使われていたワインの甕(かめ)のことで、一番最初に使われていたのは「クヴェヴリ」という、甕(かめ)の内側を蜜蝋(ミツロウ)でコーティングし耐水性を高めたもので、地中に埋め込んで使うため耐久性の観点から先が尖っています。

一方「アンフォラ」は形は似ていますが取っ手がついています。

「アンフォラ」を検索すると底が尖っているのもあれば、平らで地面に置ける形もあって、造ったものを掘り出してそのまま甕(かめ)ごと運びやすくしたり、他の容器に移したりしやすいようにクヴェヴリに取っ手を付けたのかもしれません。

年月がたてば底が平らでも耐久性の強い技術が開発されるでしょうし、もっともっと調べればいろいろな面白いことがわかりそうですね。

考え出したら止まりません笑  

クヴェヴリに影響を受けたイタリアの造り手がアンフォラを使ってワイン造りを始めたといわれているので、クヴェヴリからアンフォラに時代が移ったと考えられると思います。



3.味わいの特徴は?

ブドウは皮や種子、その周辺にいろいろな成分が含まれています。

そのため、果汁だけで発酵した白ワインに比べると、ボリューム感が出てだいぶ複雑さが増したワインになります。




4.まとめ

日本ではロゼワインもなかなか浸透しないのでオレンジワインも認知されるまでにだいぶ時間がかかるとおもいますが、ロゼワイン同様に合わせられる料理の幅が非常に広く楽しめるワインです。

独特の香り、風味があるものも多いので、よく調べてから購入することをおすすめします!

次回は初心者の方にも試しやすい、いまETSUBOで取り扱う人気のオレンジワインをご紹介します。

オレンジワインはこちら↓
EE7C3DD5-8D1E-49E2-9437-A3B09B0EE011


最後まで読んでいただきありがとうございました。



こちらの記事もよく読まれています!
6487B7EB-8BDE-4F8F-83DA-691CF064649D



・当店でもお世話になっている、おすすめワインがたくさん見つかります!
京橋ワイン専門リカーショップ

・こちらはワインだけでなく付属の資料も勉強になります。
自宅で学べるイタリアワイン通信講座です