79AFF1C1-9F1D-4740-9A52-7EDD66425F87

Wine Bar ETSUBO の内野です。

皆さんは渋みや苦み、酸味のあるワインはお好きですか?


これらは、ワインにとって欠かせない存在で、ワインに骨格やアクセントを与え、味わいを支える大切な役割があるので非常に重要な要素です


しかし、酸っぱい、渋い、苦いなど、それだけが突出したワインを最初に飲んでしまうとワインは苦手だと感じてしまいますよね


ETSUBOでは、まだワインを飲みなれていない方が、飲んで美味しいと感じるワインを多く揃えたいと考えているので、「この苦味が無ければ取り扱いたいのに」、と感じる商品もよくあります


今回はETSUBOのリストにもある、苦みの少ないピノグリージョのご紹介です




1.スリーシーヴス・ピノグリージョ

C740E15B-373D-41D1-ADFC-637FCBD015BC

スリーシーヴス・ピノグリージョ


産地:アメリカ / カリフォルニア

生産者:スリーシーヴス

品種:ピノグリージョ

ステンレスタンク熟成 アルコール度数13.5%


2.産地・生産者・品種・味わいについて

3人のワイン醸造家というより3人のビジネスマンが造ったワインです

 
生産者の3人はそれぞれの分野で活躍するビジネスマン


職人気質というより合理的で、いい意味で畑や産地にこだわらず、ワインをつくるのにとても重要ないいブドウだけにこだわりワインづくりに取り組んでいます


わたしもこの業界に料理からはいったので、どちらかといえば職人気質で、柔軟に考えなければといい聞かせている反面、融通のきかないガンコな一面があります


それはそれでかっこいいと思うし好きなんですが、こだわるなら飲み手が喜んでくれるかどうかにこだわるのが大事ですよね

ゆえにこの3人は本当にかっこいいです


ピノグリージョ種はグリージョ=灰色の意味があり、白ぶどうと黒ぶどうの間で灰色(薄紫)をしています


そのため、白ワインなのに赤ワインのようなわずかなタンニンや苦みを感じることがあります


そのタンニンや苦味が好きな方もいますし、ワインの幅を広げてくれ、食事との相性を考えると素晴らしい要素をもった品種といえます


クリアな味わいで、メロンや白桃のようなふくよかでジューシーなフルーティーさがあります

それを支えているのがさわやかな柑橘系の酸です




3.合わせる料理は

40AEDDF7-1870-438A-B7AA-4640A9302B67

レモンやオレンジを使ったマリネなどと相性がいいです

前には出てきませんが品種の特性のボリュームと苦みがあるので、鶏や豚とも合うイメージができます





4.こんなあなたにおすすめ!

・辛口が好き

・少し飲みごたえがある方がよい

・フルーティーなワインが好き

すっきり軽い辛口が好きな方、フルーティーさが苦手な方、タルの風味が好きな方は他のワインを楽しみましょう!




5.まとめ

このスリーシーヴズのピノグリージョは、とてもクリアなフルーティーさがあるワインです

最初に飲むのがこんなワインだったら、ワインて美味しい!と感じてもらえるだろうなぁと思います

とても親しみやすい、いいワインですよ




最後まで読んでいただきありがとうございました


「 スリーシーヴス・ピノグリージョ 」こちらをコピペして楽天で検索できます!

・当店でもお世話になっている、おすすめワインがたくさん見つかります!
京橋ワイン専門リカーショップ

・こちらはワインだけでなく付属の資料も勉強になります。
自宅で学べるイタリアワイン通信講座です