37D2D8E1-DD22-4078-A167-2B8B4EB9E1D9

Wine Bar ETSUBOの内野です

ワイングラスについての記事が続きましたので、改めてワイングラスの各部位の名称をおさらいしておきたいと思います

これまでの記事にも名称が出てきていますので合わせてご覧ください



1.ワイングラスの各部名称

34230704-B2B9-4897-9745-D0DAFC3D8DB6

各部位の詳細です

1-1 リム

ボウルのフチの部分です

直接口に触れるので、ここが薄いと口当たりよく、厚いと存在感が出てワインの繊細な味わいを感じづらくなります

すぼまっているのはボウルの中のワインの香りを逃がさないようにするためです

テイスティングするときには鼻をリムからボウルの中に入れるようにして中の香りを吸い込みます

鼻の高いかたの方がより多くの香りをひろえそうですよね

ちなみにぼくは低いです・・どうでもいいですね

次に行きましょう


1-2 ボウル・カップ

ワインが入るところです

大きく分けて赤ワイン用グラスにはブルゴーニュ型とボルドー型があります


ブルゴーニュ型はやや丸みを帯びています

その名の通り、ブルゴーニュの主要品種ピノノワール、「なで肩」のボトルのワインの時にこのグラスを使いましょう

この品種は繊細な香りをしているので、その香りを逃さないようにリムがすぼまっています

グラスにふくらみがあって空気に触れて膨らんだ香りを逃がしづらくなっています



ボルドー型は縦に長く卵型をしています

ボルドーの主要品種、カベルネソーヴィニヨン、いくつかの品種をブレンドして造られているワインなど力強いワインにはこちらを使います

ボトルの形は「いかり肩」のボトルといわれますね

リムの部分が広く香りが上に立ちやすく、渋味が強く力強いボルドーの品種も空気と触れやすいので、まろやかになる形状をしています



すこし話がそれますが

ブルゴーニュのワインは繊細で「澱(おり)」がたまりづらく、たとえ澱があっても細かいので口に入っても気になりません

逆にボルドーのワインは濃く力強いので、明確に瓶の底に澱がたまっていることがあります

口に入るととても気になるので、ワインを注いだ時にいかり肩の部分にその澱がとどまるようにできているそうです

ブルゴーニュ、ボルドーそれぞれの地域性、収納の面など理由はいろいろあるようですが、ボトルの形状は地域の主要品種からくる澱の存在もあるようですね



1-3 ステム

ボウルとフット・プレートをつなぐ足の部分です

ワイングラスは基本的にここを持ちます

詳細は下記に



1-4 フット・プレート

ワイングラスの底部分、テーブルとの接地面です

先日ご紹介の[マディソンのワイングラス]はこの部分がしっかりしていて安定しやすいので、その点もおすすめできる理由の1つです

小さいテイスティンググラスのときはここを持ってテイスティングすることもあります



2.ワイングラスの持ち方

B8D4BE45-D4FF-4D06-A2B0-F726C9DA669C

ワイングラスは基本的にステムの部分を持ちます
(写真はプレートを持っています)

ボウルの部分を手で持つとワインの温度が上がりやすいのと、ワインの外観を見やすいためです


ワインの温度が上がるといえば、ソムリエ資格の二次、テイスティング試験の時に両手でワインを温めて香りをたたせ、品種の特性を感じやすくしました

基本的に試験会場は冷房が効いていて少し寒く、グラスに注がれたワインもよく冷えていましたので手で温めてテイスティングするんですよね

あれからもう6年

時間がたつのは早いですねー


話しを戻しましょう

国際マナーではステムではなくボウルの部分を持ちます

これはステムを持つより安定するためです

こぼしてしまう危険を事前に回避できるので、力のない女性やワイングラスを持ちなれていない方などはご自分の持ちやすいトコロを持っていいと思いますよ

同じような理由で、ワインを注いでもらうときには手に持たずにテーブルに置いたままで構いません

手でステムを持って空中で注いでもらうと不安定でこぼしやすいです

注いでくれる方も慣れている方ばかりではないと思うので、どちらにとっても置いてある状態がいいですね


確かに海外に留学経験のある友人はボウルの部分を持って飲んでいました

マナーを知っていてボウルを持っているかはわかりませんが、酔ってくると特にボウルを持つので本能で持っているのかもしれませんね






3.まとめ


明確に覚えていなくても「フチ」とか「脚」でも通用しますが、正式な名称を知っておくとワインの知識が少し上がった気がしますよね

ソムリエと話をするときにも、ワイン関連の書籍にも、たびたび出てくると思いますので、頭の片隅に置いておくと理解しやすいと思いますよ!



ご家庭で使いやすいワイングラスはこちら



形状にこだわらなければこちらの記事をご覧ください

A75BD8C6-7FB4-4932-9303-B2E68E34B35E

100円ショップで発見!ソムリエも認めるワイングラス



最後まで読んでいただきありがとうございました。




・当店でもお世話になっている、おすすめワインがたくさん見つかります!
京橋ワイン専門リカーショップ

・こちらはワインだけでなく付属の資料も勉強になります。
自宅で学べるイタリアワイン通信講座です